マーク

有限会社ケイアンドエス牧場サービス有限会社ケイアンドエス牧場サービス

関東工場
〒325-0114
栃木県那須塩原市戸田493
TEL.0287-68-0879
東北工場
〒028-7801
岩手県久慈市侍浜町11-69-20
TEL.0194-64-1003

有限会社ケイアンドエス牧場サービス

関東工場
〒325-0114
栃木県那須塩原市戸田493
TEL.0287-68-0879
東北工場
〒028-7801
岩手県久慈市侍浜町11-69-20
TEL.0194-64-1003
事務所

更新情報

2021年6月30日

みなさんこんにちは!

弊社では2021年より闘牛(短角牛)のオーナーとなりました!

 

【プロフィール】

名前:KSファイター

生年月日:2020年2月22日

体重:420kg

撮影日:2021年6月20日

 

 

KSファイターは東北の農家様に育てていただいております!

給与している飼料は、弊社の東北工場(岩手県久慈市侍浜)で製造している

「大地の恵み」という飼料です。

この製品は地元で生産している米やビール粕を主体に製造しております。

 

主な原料

【地元産の米】             【地元産のビール粕】

 

 

製品

【大地の恵み】

 

 

 

 

 

 

岩手県平庭闘牛大会つつじ場所(開催日:2021年6月20日)

KSファイター」がデビューを飾りました!!

〈写真左側がKSファイター

 

デビュー戦!迫力ある対戦!上々の出来!

取り組みは全15組あり、KSファイター以外にも複数の闘牛達が「大地の恵み」を食べて強く大きく成長しています!

 

 

闘牛は地方によりルールが異なり、平庭闘牛大会では原則勝敗はつけず、一方が優勢になったところで引き分けとなります。

勝敗をつけない理由は、若い牛が中心となっているので、将来性を考え負け癖がつかないようにすることと、負傷を防ぐ為です。

平庭闘牛大会は東北で唯一開催されており、久慈市で育てられた牛が、新潟県、沖縄県、鹿児島県等に買い取られ、闘牛として活躍しています。

久慈市は闘牛の育成の産地としての役割を担っています。

闘牛(短角牛)は全国に約1万頭程しかおらず、平庭闘牛大会では全国に闘牛(短角牛)の素晴らしさをPRしています。

弊社もPRに協力すべく、オーナーとなりました。

ご興味がある方は是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

次回の平庭闘牛大会は2021年8月22日「しらかば場所」です! 次回もKSファイターは参戦しますので、応援の程よろしくお願いします!!

 

【平庭闘牛大会日程】

わかば場所 5/16(日) つつじ場所 6/20(日) しらかば場所 8/22(日)

めんこいテレビ杯もみじ場所 10/17(日)

New

2020年5月18日

初めて、羊の毛刈りを行いました!

2020年5月18日

当社で羊の赤ちゃんが生まれました!

2020年2月10日

2019年ユースエール更新しました

お知らせ

2020年5月18日

こんにちは!

当社に🐑がきてから初めて毛刈りをしました!

 

🐑3頭の毛刈りをしたのですが、初めての体験で1頭目は4人がかりで人間用のバリカンでトライしました!人間用のバリカンではなかなか思うようにいきませんでした笑 半日で1頭の毛刈りがやっとでした・・・

すぐに羊用のバリカンを購入して2頭目、3頭目をトライ!最初はバリカンを扱うのが難しかったのですが、綺麗に毛刈りすることができました!

羊用のバリカンでは1頭約2~3時間ほどで毛刈りができました!

来年は🐑5頭の毛刈りです!

 

New

2020年5月18日

 

 

こんにちは!

実は当社では昨年より🐑3頭が仲間に加わっており新しく赤ちゃんが3月に2頭生まれました!

 

 

 

 

      

 

 

2019年9月9日

【求人】ジェラートを作っている牧場で一緒に働きませんか?

 

下記番号へご連絡ください!!(遠野酪農舎の記事はこちらをクリック!

遠野酪農舎 夢産直かみごう店(担当:入倉様)

TEL:090-7066-6928

     または  0198-65-2100 

〒028-0775 岩手県遠野市上郷町平倉36-10-5 夢産直かみごう内

 

飼料の入った袋はどうしてふくらむの?

ひろやす先生!飼料の入っている袋がふくらんじゃったよ!

それは、すばらしい発酵をしている証拠や!微生物が活動すると炭酸ガスが発生して腐敗菌の活動を阻害(=すばらしい発酵)するねん。

へぇ~!そうだったんだね!

寒い時期に作った飼料は、微生物が休眠状態の為じわじわ菌叢(きんそう)が増えるけど、暖かくなると一気に増えるからガスも一気に出るんや。そやから、特に春先から5月頃はふくらみやすいねん。

なるほど!

ちなみに、小袋(PP袋)に入っている飼料は一度トンバッグ(TB)で発酵させてるけど、トンバッグから小袋に入れる時に撹拌(かくはん)してるから、微生物が空気に触れて更に活発になって、小袋に入れた後もふくらむねん。

そうなんだ!じゃあ、ふくらんだまま置いておいても大丈夫なの?

トンバッグの場合は、ちょっとずつ自然に空気が抜けていくから、内袋は開けずにそのままでええねん。小袋の場合は、袋の端をちょっと切ってガスを抜いて、テープで止めとけば大丈夫やで!保管する時は、飼料が雨や空気に触れないように袋の口をしっかり閉めてな。

  • 更新情報一覧

  • お知らせ一覧

  • K&Sのべんきょうかい